2017年12月13日水曜日

大竹まこと番組と詩織さん

はるな愛の涙により
伊藤詩織さんの気丈に戦う姿
多くの人に伝わっただろう


( - ゛-) ぱふ


レイプ事件を告発し
日本社会のブラックボックス
浮き彫りにさせたジャーナリスト
伊藤詩織さん


この人はジャーナリストとしても
伸びしろがあるのがわかる
期待したいと思ってる


大竹まことのゴールデン・・に出演
日本でレイプされた人たちの現状
ブラックボックスを語る


感情を抑え
冷静に語る声が聞こえていた


番組コーナーの始まる前から
伏線を張り視聴者への期待を下げ
中立的な位置で進めることを言う


大竹らしい
だから生き残ってキタのだろう


大竹まことって
政権に立ち向かうタイプではない
番組も硬派な番組でもない


社会問題を取り上げ
内容や発言も結構ツッコムけど
過激でないとも言えないのだけど
どこかオブラートにくるみ
柔らかくしてるのです


出演者の構成で柔らかめにしている
番組の味付けなのだろう


12日の伊藤詩織さんの出演
不起訴が山口敬之に出ているから
視聴者が聞きたいことを聞けない
追求を高めることができない


出演させたことは立派だけど
この評価で終わるかなと思ってた


突然はるな愛がぐじょぐじょの涙
とても汚い涙声を出し始めた途端
伊藤詩織さんの気丈な姿がミエタ
視聴者に伝わったことだろう


番組が伝えたかったこと
はるな愛のぐじょぐじょの涙により
表現できてしまった


「・・・」


僕はネットの動画を見てるけど
この番組は生なんでしょ?
やらせでは無理だろう


ただ泣ける人っているんだよね
番組効果としての期待もある
みごとに役割をこなしてる


番組の印象も変わり
イイ番組だったと評価が上がった
評価できる仕上がりになっていた


伊藤詩織さんのコーナーが終わり
一般論としてレイプについて
かなり強く言及した発言
こちらではしていた


聞いてる人に取り
繋がって印象を受けるから
全体としてきちんと社会問題として
向き合う番組となっている


上手なやり方である


巧みに政権と向き合わないよう
はぐらかしながら言いたいこと
言っているのがわかる


12月12日の大竹まことの放送
なかなか良かったと思うね


伊藤詩織さんを応援する人
はるな愛効果で増えるな


しかしはるな愛の涙
泣く声だけだけどかなり汚い
ぐじょぐじょな涙でした


ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ〜


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信