2017年9月20日水曜日

大義なき解散の文字が増えた

ニュースを見てると・・
使う文字にも流行があることを知る
今回は大義と言う文字が増えてる


( - ゛-) むふ


何の為の解散なんでしょ
この思いを語る時に便利だから
多くの人が使い出したのでしょう


大義とは・・
辞書で確認してみると・・


(1)人として
踏み行うべき大切な道。
特に、国家・君主に対して
臣民がとるべき道。
(2)重要な意義。
とある


人として踏み行うべき大切な道


安倍の行動と照らすと・・
自分にとって有利だから行う
余りに露骨な判断基準が透けてる


相撲の世界なら言われるだろう
横綱らしくない相撲を取れば
批判の嵐である


ここに古来からある日本の文化
ものの考え方があります


安倍普三は日本人のものの考え方
無視することがとても多い
それを自称保守等が擁護
これがとても不思議だ


ようするに自民党を中心とする保守
彼らは日本の伝統文化に基づかない
単なる自分らの都合で政権を維持
それだけの集団だとわかる


今回の衆議院解散
大義ではなく安倍首相の都合
これだけが露骨に見える


日本人はこんな安倍を支持できるか
できるなら日本は変わったのである
日本の伝統文化の消滅を意味する


僕は戦後日本と言う言葉
もう使うのをやめようと思ってる
日本は過去の日本と違うのである
別の国になったのだ


その方がわかりやすい
日本とはどんな国なのか?
武士道が生きていた時代とは違う
このことを明確にすべきである


江戸時代の別の日本を語ること
やめようではないか


日本人はみごとに欧米化したのだ
安倍首相がその証明である


戦国時代
日本人が戦争をする時
まず大義を相手に語ることから
始まるのである


この大義を一般庶民は聞き
何の為の戦いなのかを知るのだ
そして応援するのです


大義なく戦争を仕掛ければ
末代まで批判されるのが日本である
すでに日本にはそんな文化はない


安倍の大義なき解散
まさに日本の姿を見せてくれる
勝てばなんでもイイのである


損か得かが最重要な国
これが日本である


日本人とは卑怯者の集団である
とてもわかりやすくなってキタ


個人的には悲しい話だけど
日本を語る時に戸惑いがあった
日本人は卑怯者が多いのです
武士道を重んじる人なんて
珍しい人でしかない


なのに日本人を語る時
古い日本人像を語ることがある
不自然さを感じていた


安倍の行動はわかりやすい
もはや日本に古い伝統文化はない
はっきりしてイイ


日本の保守の認識も変えるべき
武士道なんて日本人にはありません
自分らの都合で保守を名乗るだけ
ただの拝金主義者の集まりである


森友や加計で見えたこと
まさに拝金主義者の集まりである
金目当てに群がったのである


日本の古い伝統文化を愛する
これは少数の愛好家集団である
日本人を語るにはふさわしくない


衆議院解散選挙
僕は現代日本の確定を念頭に置き
日本人を語ってミタイね


日本人は日本を知らない
日本とは日本人とはを明確にしよう
そこに見えるのは拝金主義者・
個人主義者の集まりである


そうなるだろう


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信