2017年12月17日日曜日

富岡八幡宮とバブル世代

元宮司で姉の宮司を殺した男
富岡茂永は確か僕の3つ上かな?
遊ぶ年齢でバブルを体験した世代だ


( - ゛-) ぱふ


バブル景気は1986年から1991年2月
51ヶ月間のことを指すようだ


富岡茂永は1986年のバブルの始まり
25歳と言う年齢である


バブルが終わる時は30歳頃だな
一番バブルを楽しんだ世代だ
特に金がある若い人はね


この世代のボンボンら
遊びまくってた奴が多いのです
金があれば沢山の人が寄ってキタ
そんな時代ですね


安倍普三の奥さんもそうだ
丁度広告会社に入社した頃かな?
毎日遊ぶのが普通の時代である


ボンボンらの中で競い合い
金を使いまくっていたようである
おかしくなるのが普通かな


バブル前から
この世代は他の世代とは違う


富岡茂永の年の奴
彼らの時代から暴走族が愚連隊化
高校卒業して暴力団でトップ目指す
そんな奴らが増えた時代だ


同世代が裏社会へ
就職しないで暴力団へ流れた
この世代から目立つのです


下の世代は竹の子族やローラー族
原宿のホコ天で踊るような人もいた
サブカルチャーともてはやされ
10代から遊ぶことばかり


若者の間ではすでにバブルだ
金を持ってる若者が全国から集まり
踊っていたのです


この人達が20歳前半の頃
バブルが始まりディスコブームだ
大学はナンパの為の道具になってた


ようするに・・
富岡八幡宮の宮司だった富岡茂永
彼がどのように作られたか


時代的な影響もあるのです


僕も世代が近いから
どんな時代だったのか
わかりますね


金がいくらあっても足りない


大王製紙の井川意高がイイ見本だ
彼は1964年生まれである


富岡茂永の3つ下だ
井川も銀座や六本木で飲み歩き
カジノにハマリ借金を重ね
刑務所である


彼もバブルの中
ボンボンら同士で競い合い
金を使いまくったひとりである


金を使いまくったかは知らんけど
安倍昭恵首相夫人は1962年生まれ
富岡茂永のひとつ下かな


この人はバブルの始まりの頃
広告代理店に入社しているのです
バブルで一番遊んでいた会社だ


「むふ」


この人を天真爛漫と言うけど
外観と違いバブリーな人なのです
六本木時代の話とか
沢山ありますよ


もう少し書きましょ
伊藤詩織さんに訴えられている男
元TBSの山口敬之は1966年生まれ
富岡茂永の5つ下である


バブルの始まりの頃は大学生だ
バブルが終わる前に卒業
社会人になっている


この人もバブル世代である


最近問題を起こし話題の人
みんなバブルの頃に遊んでいた人
共通点として見つけられます


バブルの時に20代だったボンボン
六本木のディスコや銀座のクラブ
こう行う場所への出入りを通し
いろんな人と繋がっている


裏社会の人間ともね
問題を起こすと処理するもの
裏社会の人間がやりますからね


富岡茂永と僕が知る共通の奴
そいつも暴力団である


ちなみに僕も同じような世代だ
僕はバブルの期間は東京にいない
地方都市の京都にいたのです
だからよく知らないのです


田舎好きですから
六本木や銀座に興味もないしね


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信