2016年4月20日水曜日

表現の自由と排他的メディア

高市総務大臣の電波停止発言
普通の国民は問題だと思ってない
このギャップを書かないとね


( - ゛-) ぱふ


覚えてますか?フジTVの偏向報道
一時フジTVにデモ隊が押し寄せてた
ここに電波停止発言の国民の思い
見えてますね


韓国政府のブランド戦略があり
お金が広告代理店などから流れてた
メディアは商行為とイイ外国の手先
なっていたのです


表現の自由が悪用されていた


この思いがあるから
日本国民は電波停止発言に対して
電波停止もあるだろうと思ってた
発言が問題だと思ってない


問題の発端がメディア側にある
TV電波独占や記者クラブ制度による
情報の独占状態が行われていたこと
これが全ての問題の始まりだ


正常なメディアとして機能する中
電波停止発言なら国民は騒いだだろう
高市総務大臣も言わなかったはず


でしょ


日本にジャーナリストはいない
企業メディアの系列でしか食えない国
電波も情報も独占されてしまうからだ


まずはメディア側が襟を正さないとね


日本国民はいつでも
表現の自由を求めますよ
メディアが権力に対して監視をする
重要だと思ってるからね


こんな文書を書いてる僕だけど
政府や役人に対する不信感は高い
監視や追求の必要性は高く感じている


メディアが独占してキタ既得権
電波の独占や情報の独占を解放する
ここから取り組まないとね


誰も信用しません


韓流偏向報道は酷かった
実際に僕らはその酷さをミタのである
現実を知ったのです


国連特別報告者が日本へ来日
日本の報道の独立性は重大な脅威
脅威に直面してると発言


「むふ」


電波停止の言葉だけで発言している
この視点だけでは議論が深まらん
日本国民は感心を持ちません


ぜひメディアの問題を含め
表現の自由の重要性を求めて欲しい
創り直すタイミングである


2020年
東京オリンピックを境にして
TVが終わる方向性を感じている
変革の時が来ているのです


「チャンスだ!」


記者クラブも廃止すべきですね


日本には一流の科学者はいるけど
一流のジャーナリストはいない
なぜなのでしょうか?


この答えが全てを物語る
日本という国のメディアの問題をね
電波停止発言はイイきっかけである


メディアを創り直す時がキタ!


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

0 件のコメント: