2016年4月16日土曜日

人の心を読むのら猫くん

家に戻り部屋に上がる
下から「にゃー」と甘えた声がする
おやつを頼む時の声である


( - ゛-) クス


賢いのら猫である
1階へ降りてこいと呼んでます


部屋に上がってきて「にゃー」
遊びたいのか僕には意味がわからない
下から呼んだ方がおやつを貰える
いつの間にか学習している


「クス」


留置所に1ヶ月以上拘留され出る
心の緊張した張りが切れて体調が悪い
ひとりでいると落ち込んでいく


猫は知ってるのだろうか
下から僕を呼んでくれている
丁度イイタイミングで呼ばれました


降りていくと足にすりすり
癒されますね


不思議なのら猫である
人の気持ちが読みとれるのか?


「・・・」


気持ちの落ち込みが治らない
そんな時に話し相手がいるのは嬉しい
今日はのら猫以外にも話し相手がいた
しゃべってると気持ちが安らいだ


有り難かったね


「ぺこ」


この疲れは心から来ている
留置所に閉じこめられていた疲れ
精神的なダメージとなってるな


人は心の生き物である
心が病気になると体の体調も崩れる
とてもわかりやすい症状だ


病人になっちゃいました


ミ((((( ̄○ ̄)  げそ

0 件のコメント: