2016年5月19日木曜日

野党切り札は時給1500円

選挙は近づくがまとまらない野党
焦りが募る中で徐々に存在感がミエル
時給1500円くんが光り出す


( - ゛-) ぴか


同一労働同一賃金も安倍に奪われ
野党の色がまったくミエナイ中
唯一違いを強調できるもの


時給1500円である


安倍政権は2020年
時給1000円にすると言う
これではデフレも解決できないね
消費なんて伸びるわけナイ


表現を抑えすぎである


弱気ですね~


できる目標を言えばイイのではない
必要な賃金の目標値を言うべきだ
働く人に期待感も与えるね


最低時給1000円にもできない日本
これ自体がおかしいのである


誰でもが海外に行ける時代
貧しい学生でも海外へ行くことができ
他の国の暮らしをミラレマス


頑張ればね


見てくるとびっくりするぞ


僕が欧州に行った1995年
ドイツの若者とキャンプ場で情報交換
彼は外国に出る僕を羨んでいた
日本はいいなとね


彼のバイトは時給1300円
日本人はいくら貰ってるのかと聞く
答えに困っちゃったね


「ぽっ!」


僕は顔を赤らめて「ま~その~」
いつの間にか田中角栄の真似をしてた
当時コンビニで時給750円とかかな
言えませんでした


日本のセコサを知られたくない
とても言えん


日本は当時世界第2位の経済大国だ
なぜこんなに時給が安いのか
疑問を感じたね


物価にも興味を持ち
欧州を旅する中でスーパーも覗く
観光地ではなく住宅街を歩きました
暮らしを知りたくてね


家の値段もミテ歩いたりした
日本より安いんだよ


「・・・」


暮らしの豊かさ
日本はギリシャとかイタリアとか
欧州の中でも豊かさが低い国
そのくらいかなと思ったね


ミタ感じの豊かさだけど


日本って貧しいんだよ


何が世界第2位の経済大国である
僕はぶつぶつヨーロッパの旅の中
ひとりごとを言いながら歩いた


なんで?


単純に比較できない部分もある
欧州の労働者は仕事を変わるからね
日本は同じ会社に長く働きます


日本は社宅に住むと家賃がスゴく安い
ミエナイプラスもあるのです


現在の日本は企業福祉の考え方
もはやありませんからね
時給は上げるべきだ


上げなければ消費も上がらない


だろ?


2020年に時給1000円?
これでは必要な消費量に到達できん
お金の好循環なんてできん


控えめな安倍政権の数字
これをチャンスと思い時給1500円
スローガンに上げることはイイ


選挙が近づくとこの対立軸
注目が集まるかも知れませんね
メディアが自主規制しなければだ


メディアはずるいのです
自分らも払う立場にいるから
眠った子を起こしたくないのである
それであまり書きたがらない


「でこぴーん!」


新聞記者と新聞配達の人の賃金
雲泥の差でしょ


いろいろ隠したいことがあるのです
TV局も外注のスタッフとの差
とてつもなく大きい


メディアの都合で隠してキタ時給
一気に注目を集めましょう


この話題も連合が嫌がるから
野党も統一的な行動ができません
どこまでできるか見物だ


ミ((((( ̄○ ̄) すうぃ~ 

0 件のコメント: