2016年5月28日土曜日

改正刑事訴訟法は×

見るべきポイントがある
刑事訴訟法の改正で冤罪が防げるか
少しでも防ぐ方向へ歩んだのか?


( - ゛-) ノン


残念ながら違う
こんなバランスの悪い改正を止めない
これは野党として大問題である


民進党が賛成に回ったようだ
自民・公明・民進と3党が賛成した
3バカ党である


民進党はパーですね
それともなければ無知である


可視化が一歩前進した
そう言う見方もできなくはない
だが事実を知るととても賛成できん


取り調べの録画・録音(可視化)
裁判員対象事件と検察独自捜査事件
全体の3%の事件の可視化が決まる


この3%の成果を前進と捉える
これは間違いではないけど
問題が違うのです


可視化した映像や録画
警察や検察が録画した映像について
この録画は誰のものですか?


弁護士は自由に閲覧し利用できる?
これができないのです


このことを知るととても賛成できん
改正ではなく改悪である
他の野党が言う通り


可視化の意味がない


僕は4月12日釈放された人です
罪名は名誉毀損で拘留されてた
不起訴になり出てキタ
41日間留置された


取り調べや逮捕拘留された時の状態
問題があることを体験してキタ
体験として語れる人だ


3月3日に1回目の逮捕が行われ
拘留満期の日に再逮捕された


2回目の逮捕の満期日
検事が市に通告して精神鑑定
市長命令により医者の診断を受け
まったく正常であると判断され
出てきた人である


理路整然と事件への経緯を語り
正常な人の行動だと判断されたのだ
嘘もついてないと鑑定された


精神鑑定まで僕は受けた
ここまで検察と警察にやられた人だ
日本では検察と警察のやりたい放題
お金のない人で拘留された人
戦うのは大変である


僕は運が良く釈放された人である


運だけだ!


家宅捜査された逮捕8ヶ月前から
ネット上に公開取り調べとして公表
自分の供述を書いて対抗していた


取り調べ時の可視化も求め
被疑者自身が録音することを拒めない
このことも主張して戦っていた


真実を公表する為に戦っていた


警察に監禁させない為
取り調べも警察署以外を要求してた
任意取り調べは警察署と言う法はない


逮捕され拘留されても同じだ
取り調べ時には拘留被疑者の権利
録音する権利を要求していた


毎回被疑者の録音する権利を要求
警察上層部に伝えて貰ってた


刑事訴訟法には被疑者が録音をする
拘留被疑者も含め否定できる法律根拠
ないのです


これは刑事の中には認める人もいる
ようするに警察として認めてるのです
ただ公として発言できないだけ


しらんぷりしてるだけ
訴訟を起こさない限りしらんぷり
これが日本の法治国家の姿である


可視化の法的な義務化
これは検察や警察が可視化する義務
このことの議論だ


それも裁判員裁判と検察独自捜査事件
狭い範囲の議論でしかない


これではなかなか進まず
狭い範囲で国会で戦うだけである
この間に冤罪が連続して起きる
100%起きてます


検察や警察は犯罪者にする為
証拠を集め裁判の準備をする組織だ
真実を求める組織とは違います


これは侮辱をしてるのではない
仕組みとしてそう言う組織なのです
検察や警察もそう言うのです


僕の方の主張や証拠を準備する
これは弁護士の仕事だと言う
警察や検察はしません


取り調べの調書
気に入らなければサインをしない
それだけが被疑者のできること


ならば弁護士に情報を寄越せ!
そのことを話すと言う


僕は検察で可視化して貰っていた
可視化された録画について聞いた時
何を渡すかは検察が決めること
そう言うのです


これが可視化の意味か?


僕と検事の会話は録画にある
この事実も録画されてる


日本では取り調べ時
弁護士の立ち会いも認められない
証拠を集めると言っても
国選ではその金も出ん


拘留されたらほとんど戦えません
お金がある人以外はね


僕は盗聴や司法取引など
すべてを否定してるわけではない
検察や警察のやりたい放題の状態の中
可視化しても情報のどの部分を出すか
決めるのは検察となってること
これでは改正の意味がない


だからこの改正は問題があると思う


警察留置所に入れられ(代用監獄)
精神的な拷問を受けて取り調べを受け
やってないことをやったと言う
99%は言うでしょう


日本は冤罪を法的に生み出してる
この仕組みを変えない限り
変わらない


日本の刑事司法の仕組みこそ
自民党という党が何をしてキタか
よくわかる仕組みである


野党は徹底的に事実を表に出せ!
日本は先進国の中で唯一拷問をする国
現在も行われ冤罪が起きてるのだ


可視化しても
検察が出すか出さないかを決める
そんなことを堂々と言う


記者は検察や警察に聞きに行け!
記者クラブなんか行っているから
こんなことを放置するのだ


この問題は保守もリベラルもない
完全に日本の刑事司法はおかしいのだ
すぐにでも改善させるべき


しかし民進党は感度が悪いね
何でも反対する必要はないんだけど
刑事訴訟法の改正は問題が大きすぎる


民進党政調会長の山尾志桜里
元検事だからよく知ってるはずである
問題をほとんど指摘してないのです


この人が知らないわけありません


記者は山尾志桜里に聞かないのか?
元検事としてご意見を貰ってこいよ
民進党の政調会長でもあるのだ
どんな考えか聞きたいね


ミ((((( ̄○ ̄) じろり

*20160529毎日新聞社に投稿

0 件のコメント: