2016年5月11日水曜日

問題はヘイトではないよ

ヘイトスピーチへの規制のある国
ドイツの実状をミテミロ
移民反対が増殖中だ


( - ゛-) ぱふ


欧州でも米国でも
移民反対を叫ぶ政治家が求められ
選挙で勢力を伸ばしています


これが現実である


ヘイトスピーチの規制は無意味
改善すべき問題箇所が違う


国には外国人を受け入れられる量
キャパがあるのです


この量を越えた時
元々住む人たちの中で恐怖や不安
高まっていくのである


街の中に外国人が増えていく中
ヘイトスピーチ規制法で何も言えない
僕はそんな人たちの姿を知ってます


1995年に欧州を旅した時
日本人だと知って僕に話しかけてキタ
移民が増えて困ってるとね
自国の人に言えないから
僕に言ったのである


たぶんね


あれから21年が経つ
各国で移民の暴動が起きたり
移民反対運動が高まったりしてる


もしあの時
1995年の時点で議論できたら
国の中で正直に話し合えたら
現在の状況はない


僕に話しかけてきた大学生の国
スウェーデンの暴動はなかったな
移民の暴動は起きなかった


日本に取って現在必要なこと
ヘイトスピーチ規制法ではありません
外国人の受け入れられる量
越えないことである


明確に国民が限界量を知ること
このことが一番重要である


日本は過去上手にやっていた
外国人の量が少ない地域の外国人
子供たちのヒーロである


珍しいからどこへ行ってもガキがくる
その中のひとりに僕もいたね
追いかけ回してた


「クス」


多文化共生とか
外国人を増やせとか
こう言うヤカラが国の平和を壊す
外国人を嫌われ者にするのだ


僕の子供の頃は数が少ないから
差別されるどころか人気者だった
外国人と言うだけでね


日本は上手なバランスを行ってた
差別の法律を作っていた欧州より
日本のが良かったのです


西洋文化かぶれした者たち
日本を見ずマネばかりしている
勘違いも甚だしい


もっと日本の悪い問題に注目しろ
日本の刑事司法なんて最悪だ
未だに代用監獄もしてる


こう言う現実問題を議論した方がイイ
これこそ人権問題である


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

*20160512
レイバーネットへ投稿

0 件のコメント: