2016年5月12日木曜日

夏の日差しが近づいてる

毎日早朝お日様の下で運動
日差しの強まりを日々感じますね
夏が近づいて来ている


( - ゛-) ギラギラ 


熊本の被災者たちはどうしてるかな?
地震でゆらゆらの次は雨も降り
今度は暑さが襲ってくる


九州は台風も多い
まだまだ過酷な試練が続きますね


ゴールデンウィーク
沢山の人がボランティアで支援
それでもまだまだ助けが必要です


僕も行こうかと思ったけど
ボランティア保険に入ったり
安い交通機関を探したり
すぐにはいけません


行く行かないは別として
準備を少しずつ進めております


以前勤めた会社の作業着を探しだし
粉塵マスクもついでにミツケタ
リサイクルの機械販売の会社
いた時の装備がぴったり


「むふ」


買わないで済んだ


テントもグランドに干しに行き
一度アルコールで拭いておきましょ
かび臭くなってるでしょうから


低地のテントは寒くはない
この時期なら山の夏場の装備でイイ
マットも銀マットで十分である


寝袋も薄くても問題なし
一応寝袋カバーを持っておけば
寒い日があっても快適です


テントの中は暖かいのです
自分の体温で暖まりますからね
大きなテントは別ですけど


なんか山に行く時ミタイ
いろいろ想定して装備を準備する
これはこれで楽しいのです


低地キャンプだから
荷物制限もゆるやかである
背負わなくても引っ張って行ける


ゴロゴロ荷物を運べます


僕は出張が多い仕事もしてた
日本全国のリサイクルの現場を歩く
その時の大きなバッグもあります


ヘルメットや作業着などを持ち歩く為
購入したバッグが役に立ちそうだ
100リットルくらいある


ゴロゴロ付きだ


着替えや食料などたっぷり入れられる


捨てようかと思ってたけど
まさか自然災害のボランティア
こんな時に使えるとは思ってなかった


「むふ」


ほとんど購入品はないな
僕の気持ちは行く気満々です


熊本は遠いからね
ここが最大のネックですね


車で行ったら大変です
高速代だけで外国に行けます
僕が1996年カナダに1ヶ月行く
この時の飛行機代が往復で6万くらい


「安いでしょ」


宿泊費は1日1000円
ドミトリーのある安宿に泊まるから


食費も一日1000円程度だ
1ヶ月の全費用が20万かかってない


時々レストランやバーにも行ってた
地元の人の中に入り飲んでた


「ウィ~」


日本もだいぶ変わってキタけどね
熊本大地震では大学の一部を解放する
ボランティアのテント場ができてる


1泊500円はリーズナブルだ
お水やトイレやシャワーもあります
欧州のキャンプ場並のようだ


どんな場所か楽しみですね
夏頃までお預けです


ミ((((( ̄○ ̄) わん 

0 件のコメント: