2016年5月6日金曜日

テーブルの上の柏餅とちまき

こどもの日には団子屋に行き
柏餅を買って家で食べてましたね
商店街にひとつは団子屋がありました


( - ゛-) ぱふ


1970年代
まだ団子屋がありましたね
パン屋さんとか豆腐屋さんとか
職人さんのお店が商店街にはあった


毎朝作りたての食パン
買いにいく家が沢山あった
親に言われ子供が買いに行ってた


僕もよく行きましたね


最近は早朝開いてるお店はない
コンビニがその役割を担う


コンビニのパンは前日買えばイイ
腐らないからね


「むふ」


最近は柏餅を買うのもスーパーでしょ
個人商店が消えちゃいましたね


僕は早朝起きるようになり
母が家に戻る前に寝てしまう
そんな時も増えた


夜中の12時前
起きるとテーブルの上に柏餅だ
ちまきも置いてある


「・・・」


食べろと言うことだな
時々和菓子を食べたくなります
ちょうど良かった


「ぺろり」


5月5日はこどもの日
端午の節句である


家の中に兜人形を飾ったり
鯉のぼりを揚げるのが日本である
日の丸もこの日は揚げる


関東では柏餅を食べ
関西ではちまきを食べます
お祝いをする


子供の頃はどの家でもやった
お金がない家でも折り紙で兜を作り
やっていたのです


新聞紙で兜を作り
新聞で刀も作ってチャンバラだ
子供自身も作っていた


近所の公園に小さな侍たち
沢山集まってくるのです


血が出るまで戦いましたね


「うぷっ」


金持ちの家は銀座などに家族で出て
食事食べたりする日のようだ
現在と変わらんだろう


普通の家庭は家でお祝い
親や兄弟から新聞紙で兜を作る
そんな技も教えて貰う


作って頭に被ったとたん


「しゃきーん」


気分は侍である
血をもとめ近所の公園へ
本気で新聞紙で作った刀で殴り合う


この日は許されたのです


ミ((((( ̄○ ̄) エィ! 

0 件のコメント: