2016年5月15日日曜日

子供シェルターがピンチ

大阪にもできたんだ
子供たちにぬくもりを与えたいから
名前がぬっく?


( - ゛-) クス


弁護士さんたちが関わり運営
日本全国で大阪は7番目なのかな?


全国の子供シェルターの名前
東京がカリヨンで横浜がてんぽ
名古屋がパオで岡山がモモ
京都がののさんで広島が
ピピオである


お堅い弁護士ら頑張ってネーミング
ネーミング見て笑ったね


「うぷっ」


笑ってる場合でもない
コドモシェルターの運営がピンチ
存続が厳しいらしい


どうして厳しいのか
措置費で運営を賄ってる形だからだ
これはどういうことかわかる?


委託業務ではないから年間運営費
決まって支給されてません
受け入れた人数により
お金が出ます


措置費として出るのです


僕は子供シェルターの仕組みは知らん
知らんけど措置費として出る仕組み
かなり厳しいのは知ってます


障害者の施設も民営は補助金を貰う
人数により補助金の金額が変わる


頑張って就労支援をして施設を出す
施設の予算が減ってしまうのです
職員人数は固定で必要である


頑張ると赤字になってしまう
このジレンマの中で運営をします
何もやらんのが一番楽だ


それでもやらないとならん
仕方がないから僕の給料で調整してた
運営に余裕がないからそうなる


これが現実なのである


子供シェルターの場合は2ヶ月
2ヶ月の単位で子供を入れ替えます
次の行き場所も決まらない時もある
なんか頭に浮かびますよね


措置費が貰える仕組みを無視し
支援をしてしまう時が多いだろう
次の行く場所も決まらないことが多い
児童養護施設は定員がオーバー
そんな状態だと書いてある


回転率が悪い時
措置費を貰える施設としての指定
基準に到達できなければ・・


指定取り消しだ!


措置費を貰わないと運営はできない
基準を維持する為には2ヶ月だけ
支援できる日を厳格に守る


そうすると・・
中途半端な支援になってしまう人
出てしまうのです


アホな仕組みですね
役所仕事らしいできごとである
こういうのは仕組みとして多いのです


大切なことがある
問題にぶつかった時である
逆に役人に投げかけてあげるべき


仮に児童養護施設に空きがないなら
全体の支援体制の不備を指摘
その為に基準に満たない


基準に到達できない理由
施設だけの問題ではないことを伝える
その旨を要望書として出す


事実なら対策を検討します
特に選挙前ならすぐに通すだろう
政治家や役人はそんな人種だ
調子のイイ人種


弁護士は上品すぎる
法律に書かれた内容を大切にする
書き換えるという発想も必要である


少しごねてコイ!


子供シェルターがどんな場所か知らん
ただ一時的に保護が必要な子供
いつの時代も沢山いる


頼れる場があることは大切である
簡単に諦め閉鎖して欲しくない
ルールを変えればイイだけ


現実に合わんことがわかったのだ
少しごねて変えて貰うんだな
7月までに変えられる


選挙前はチャンスですよ


ミ((((( ̄○ ̄) 行ってコイ!

0 件のコメント: