2016年5月18日水曜日

こわーい監視国家日本

本人の承諾もなく
警察にスマホの位置情報を渡される
恐ろしい時代になりましたね


( - ゛-) GPS!


裁判所の判断が必要だと言うけど
日本は検察が要求すればOKになる
裁判所に判断できる材料はない


検察が要求し裁判所が下す拘留決定
現在行われていることをミレバ
想像はできます


なんでも拘留決定だ
理由の説明もなくコピペしてね
拘留体験者だから実体験として
堂々と語れますね


位置情報も検察から要求された時


「ぽーん!」


なんでも位置情報を取得できるだろう


欧米諸国と日本の違い
きちんとした仕組みになってない
日本の刑事司法は偏ってます


だから危険なのです


テロの心配はある
だから多くの人は位置情報も仕方ない
そう言う人がいるのも自然である


日本も法治がまともならね
違うことを知ると考えるはずです


まず代用監獄を知るとイイ
日本は冤罪が多発する国である
冤罪の起きる理由のひとつが代用監獄


他の先進国では違法とされること
日本では現在も行っています


犯罪者にする為の取り調べである
検察や警察の管理下に置くこと
公平ではないのです


本来は法務省管轄の拘置所
こちらに決められた時間内に移す
どの国もルール化されている


日本は代用監獄と言って
警察の管理下にずっと置いて取り調べ
心理的な拷問を行っています


やってないことまでやったと言う人
多発する理由である


早く留置所から出たいからだ


起訴しないと釈放もない
裁判で戦えばイイと促され
やってないことをやったと言う人
冤罪で長期服役した人の中
いるのです


取り調べにも弁護士の立ち会い
できないのが日本である


ようするに偏ってるのです
検察や警察の都合のイイ形だけ
こんな状態の中でさらに警察の権力
高めることを認めること


断固反対である!


バランスの悪い刑事司法改革と一対
新しい捜査手法を与えるなら
改革と一対に進めるべき


代用監獄や取り調べの弁護士立ち会い
被疑者の録音する権利の確立など
必要な改革とのバランスの中
進めるべきである


僕は位置情報を与えること
すべて否定はしているわけではない
刑事司法のバランスの悪さの中
警察力の強化は問題である


そう言ってるのだ


日本は大手メディアがダメ
記者クラブに参加して情報を貰う
記者同士がすり合わせをします


別の視点で書けないのです
警察の問題など書ける新聞社はいない
だから一般の人たちは情報がない
知らない状態に置かれる


日本は未だに心理的拷問をして
冤罪を多発している国である
まともな法治国ではない


この事実をまずは知るべきだ
その上で国民は考え声を出すべき
刑事司法の改革をせず警察力
高める危険性を知るべきだ


ミ((((( ̄○ ̄) ポン! 

20160520毎日新聞社に投稿

0 件のコメント: