2016年6月25日土曜日

朝マックでお勉強

早朝雨が降ってたが筋トレへ
雨足が早くなり中止しておさんぽ
久しぶりに朝マックへ


( - ゛-) ぱふ


コーヒーを頼み書いています
今日はWEB講習はお休みですから
のんびりしています


52歳でスチューデントライフ
楽しんでいます


国費ですから
お金もかかりません
職業訓練支援制度というのを使ってる


制度を使うと厳しい制約はある
遅刻もできない仕組みになっている
詳しくはまた別に書くけど
タダで学べます


教科書代は自腹だけどね


「むふ」


Webだろうが印刷だろうが・・
発信をする為には技術が必要です
学校では技術を学びます


photoshop.illsutlatar.dreamweaver
こう言うソフトの使い方ですね


技術というのは目的があり使います
どんなものを作るかと言う目的
これが本当は重要です


僕は趣味のひとつが広告をミルこと
元々がカメラマンをしていた時代
短い期間ですがありましたから
広告については関心が高い


欧州の旅のおみやげ
街の中で配布されている広告
商品のパッケージなどだ


デザインのコンセプトを読みとり
あれこれ考えるのが好きです


久しぶりにマックにキテ
僕が座るテーブルの上にあるもの
マックの中に置いてあるチラシ類だ


どんな宣伝戦略に変わっているか
読みとって楽しんでます


マクドナルドはブラック企業と言われ
異物混入などもあり業績が低迷
最近は少し回復のようだ


チェックはしばらくしてないけど
少し前にミタニュースでの記憶だけど


どんな販売戦略に変えたのか
興味深くチラシをミテル



商品のネーミングに方向性がミエル
日向夏チーズケーキが新しくでる
噛みそうなネーミングでしょ


最近の広告は商品名詞を大切にしない
商品名詞の覚え安さなどは無視
物語を感じさせるネーミング
ドラマ性を重用してます


日向夏と言う文字
ここから夏の日のイメージを感じます
それぞれが頭に思い浮かべる夏の情景
その情景の中で食べるチーズケーキ
印象として感じるでしょう


裏と言うネガティブな文字
裏てりやきマックバーガーとか
積極的に使ってますよね


特別な照り焼きバーガーでもイイはず
なぜあえて裏と言うネガティブな文字
使っているのでしょうか?


まだマクドナルドは中途半端だけど
裏メニューは噂話の広がりにより
宣伝を広げていきます


例えば
イスラームの人とマクドナルドへ行く
肉抜きハンバーガーを作って貰い
食べていたとかね


「そんなことできるの?」


そのかわり・・
ピクルスを2枚にして貰ったり
ケチャップを多めにかけてもらったり


決められた商品とは違うかたち
多くの人の好奇心を誘ってくれていた
人の興味を惹きつけていた


中でも定着したのが「ツユダク」
牛丼屋に行くと頼んだことあるでしょ
あれは元々朝帰りする不良の我が儘


「兄ちゃん」


「ツユをたっぷり入れてくれ!」


こんな我が儘が広がり


「俺もツユ多めのが好き」


そんな声がサービスになった


ようするにマックのやってる広告戦略
広告の中に物語を入れようとしてる
まだ弱いけどね


僕はチラシを見ながら
ぶつぶつと販売戦略を読みとり
客の反応を見ながらコーヒーを飲む


「ゴク」


写真をいじったり絵を描く背景
いろんな考えがあり作ってるのです
この意図する方向性が描けなければ
広告力としては弱まります


僕が学ぶWebデザイン
技術は数をこなせば覚えるでしょう
技術を使い意図する目的を表現
できれば一人前ですね


下手でも数打ちゃ当たる
数をこなしながら覚えてやろう
趣味と合致してるので楽だ


ミ((((( ̄○ ̄) V字シャチホコだ!  

0 件のコメント: