2016年6月27日月曜日

国を守る思いを作れてない

この国に生まれたから
祖国愛は誰しもあるだろうけど
国を僕らが守ると言う思いは作れない


( - ゛-) ぱふ


独裁国で生まれた人たち
国を守るより現在の形を破壊し
作り直したいと思うだろう


祖国愛では国を守る思いは作れない
これが自然な大衆心理である


だから日本の保守は伸びないのだ
国を守る思いがどう作られるか
理解してないからだ


この国を守りタイ
自分たちで築いた暮らしやすい国
守るべき国だから守るのである


不満が多い国なら
守ると言うよりは関心が薄れる
どうせこの国は何もやらない


そう思ってる時に国を守れるか?


国防論なんて論じる気にもなれん
それが人間の心理じゃないか


政治にはやるべき順番がある
まずは貧困にさせないようにすること
常に必要な経済力を維持することだ


経済力があるから
支援の必要な人へより支援ができる


困った時に必要な支援を受けられる国
共同体としての支え合いが高いから
守るべき僕らの国になる


この国を守る為の国防論
国民として論じることもできます


福祉の高い国は国家意識が強い


欧州を旅している時
ザックに国旗を付けている人もいた
欧州ではスイスと北欧の国が多い


福祉の高い国が多いことに気がつく


米国や日本は国旗を付けない
この理由は犯罪者に狙われるからだ
理由が別だけどね


おおむね自分の国はイイ国
そう思っている国民が多い国ほど
ザックに国旗を付けます


福祉国家は徴兵制もある
スイスなんかは国民全員が戦闘員だ
戦いが始まると街中の道路がすぐ封鎖
いつでも戦える体制ができてます


家の中にマシンガンが置いてある
戦闘にすぐに参加できる
準備万端である


守るべき国家だから
守るのは国民なのである
わかりやすい国である


日本は守るべき国なのか
この意識を高めることができてない
できない中で憲法議論なんて


ミ((((( ̄○ ̄) できましぇーん

0 件のコメント: