2016年6月26日日曜日

不便さの味付け

スマホを持ってる時
つい夢中になり歩きながらもミル
これは誰しもがやってしまうことです


( - ゛-) ぱふ


歩きながらミレナイヨウ
ソフト的な細工をしてもイイくらいだ
不便さをどう作るかがこれからの課題


ハイブリッドエンジンもそうでしょ
エンジンの音がしないから
わざわざ音を付けてる


「ぶぅ~ん」


僕はスマホは持ってない
正確に言うと電話契約を解約
カメラとしてスマホは持ち歩いてる


どうしても出先でメール受信
必要な時にだけスマホをWfiで接続
そのくらいの利用にしている


少し不便なくらいのが・・
自分の脳味噌でモノごとを考えます
スマホがあるとネットに頼りすぎ
与えられる情報だけをミル


これが嫌なのです


スマホを持ち始めた時
情報がリアルに取れるのでつい眺める
歩いていてもミテしまうのです


便利だからね


欲も出て来てタブレットも購入
何でもどこでも処理できるとトライ
道具にふりまわされてしまう


不便さがあった方が
考えたり見つめたりする時間
作りやすい


自分の目で世の中をミナイトネ
思い切ってスマホの契約を切る


必要があればメールの受信
Wifiですればイイのです


世の中の動きをニュースで知る
これは大切なことなんだけど
すべてニュースに頼ること
これも変である


気になる世の中のできごと
見つかったらネットだけではなく
書籍なども含めて情報を読む


または人と話をする
幅を広げることのが大切である
なんでもネットで完了する
これは変である


不便さの味付けが現代は大切である


カメラも同じだ
上手に写らないカメラの時
光の量やシャッター速度など
瞬間的に読みとり調整する


自動でなんでもやってくれる時
なんだかよくわからんけど
写っています


何を撮りたかったのか
わかんなくなってしまいます


自分でどのように表現をするか
わからない中でシャッターを切る
大抵はうまくいかない


自分でコントロールできるから
自動で写してくれるカメラ
使いこなせるのです


道具に振り回されないよう
気を付けましょう


不便さの味付けが大切です


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

0 件のコメント: