2016年6月6日月曜日

三島由紀夫の評論は面白い

最近小説が読めない
長くてだらだらした本はすぐ飽きる
忙しいからだろう


( - ゛-) ぱふ


普通の人は僕より忙しいはずである
本を読まない人が増えるのも頷けます
時間的余裕が読書を増やす


働くだけでなくネットで人と繋がり
ニュースや動画もミタリする
一日中何かしてるのかな?


長い本は読む気にならんだろう


僕も絵を描くのを再開したり
働く為の準備に動き出しただけだけど
すごーく忙しいのです


遅くても早朝の4時には起き
動いているけど時間が足りません
いつも予定の寝る時間を過ぎてしまう


それでも本は少しずつ読んでますけど
長くて内容がだらだらしてる小説
ほとんど読み切れない


「ポィ!」


忙しいと精神的に読まなくなるようだ
それでも探求心から文章を求める
いろいろ読める本を探してた


ようやくミツケタ


評論なら読めるようだ
雑誌などに発表している評論
書籍にしてまとめたものがあります
これならひとつひとつは短いから
作者の思いを拾いやすい


三島由紀夫全集の中
評論を掲載した本が数冊ある
葉隠に対する三島由紀夫の考え方
読んでミタイと思い借りて読んでミタ


面白い
僕は三島のものの見方を理解できる
同じような視点を持つことを知る


三島の書いた葉隠入門の中


・・・・・・・・・・・・・・
葉隠が口をきわめて
芸能に芸能に秀でた人間を罵る裏には
時代が芸能に秀でた人間を
最大のスターにする
新しい風潮に染まりつつあることを
語っていた
・・・・・・・・・・・・・・

そう書かれている


三島の生きた時代もそうだし
葉隠が書かれた時代もそうである
同じような指摘がされている
そして現在もである


僕もよく書いている
小説家や映画監督を名乗るタレント
偽物が派手に宣伝をして売名をする
多くの人に影響を与えてしまう


影響を与えられた者達の憧れの職業
現代はお笑いタレントである


「わはははは・・」


江戸時代は歌舞伎役者かな?


日本人はいつの時代も流され
見た目だけの人間に憧れるようだ
その背景にあるのが拝金主義である
金を得て女を得る動物的な本能だろう


欲だけで生きる者達だ


欧米人は宗教により欲望を抑え
日本人は武士道などの精神的な教え
価値観を大切にすることにより
欲望を抑えてキタ


バランスを取っていたことがわかる
こうミルと日本の武士は精神的伝道師
神父さんだったようだ


現在の日本には精神的伝道師がいない
TVの影響が広がり欲に溺れた者が増殖
お年寄りを騙す振り込み詐欺
まるでお笑いタレントだ


生き方がそっくりである


評論を読むと自分の思いも作りやすい
とてもイイ本をミツケマシタネ


三島由紀夫全集の評論の部分だけでも
買ってきて少しずつ読もうかな
かなり時間をかけ楽しめる


借りた本では読みきれないだろう
ゆっくり考えながら時間をかけ
読みたい本ってあるのです


電子ブックではまだ出てないようだ
ならば古い本だけど探して買いましょ
久しぶりにお買い上げですね


ちょっと高いけど


現在僕が読んでるのが全集の33
広島の評論とか読んでミタけど
現代に掲載できる内容です


三島は少し時代が早すぎたようだ
現代なら多くの人が評価してくれる
お勧めできる本ですね


イイ本と出会えた時
早朝から僕は読書ざんまいです
現在2016/06/06 04:56です
タイムスタンプでポン!


ミ((((( ̄○ ̄) グッモーニング

0 件のコメント: