2016年6月3日金曜日

北海道不明男児にえんがちょ

運と言うのは大事である
遭難した時に助かる人と助からん人
差は運である


( - ゛-) ぱふ


北海道北斗市の小学生2年の田野大和
森をさまよい自衛隊の演習場へ
自衛隊の演習小屋でミツカル


「スゲ」


素直にそう思いますね


ほとんどの人は最悪のケースを想像
行方不明になってからだいぶ経ちます
捜索も縮小する予定だった時
見つかっている


「ぽんぽん」御利益があるかもよ


この子なら1年くらいさまよえば
自分で家に戻ってくるかも
それくらいの逞しさ
感じますね


野生の感がイイ


人生には分かれ道がある
間違えば死んでしまうこともあります
助かる人のが少ない


感が強い人は生き残るのです
この子は強そうだ


しかし頑固なガキですね
親に車から降ろされても泣きをミセン
逆に森の中に入って自ら帰ろうとする


上手に育てれば面白い人材になる
SEALsの奥田も小学生の頃は親と対立
親が将来を心配していた


親の側に置くとグレル
そう思い早くから全寮制の学校
入れることを父親は決めた


僕と奥田の父親は年齢が近い
2001年に僕は障害者運動をしてた
団体を設立して活動していたのです


奥田の父親はホームレス支援
行っていたのである


役所と対立して戦ってた
僕は対立から対話に先に切り替え
中から改善を促す行動をしていた


成功してたのです


自分で必要なことをやり
役所に影響を与える活動をしていた
次々当時は場所を作り切り開いていた


確か奥田の父親も考えを変え
自分でホームレスのアパートを支援
役所への要求活動から切り替えた
このことを覚えてますね


僕は奥田の息子の幼い頃に似てる
そう言われていたのです


父親と僕も仲が悪くてね
中学は全寮制の学校に一度入るけど
退学して地元の中学へ戻る
不良になりました


新聞に載るくらい大暴れだ!


それを聞いて奥田は息子こと
全寮制に入れ親元から離すと言う


「クス」


僕のようにさせない為にね


元気で頑固な子供
独立心が強いから早くから親元
離して勉強させた方がイイ


僕も小学校の5年生くらいの時
本当は家を離れ留学をしたかった
外国へ行きたかったのです


夢は30才くらいの時に叶い
ようやく欧州へ1年間だけ旅に出る
電車の中で多くは寝ながらの旅だ
後半はキャンプ場を転々とした


子供の頃から頑固な子
自らいろんなことを切り開く
その力はあるのです


行方不明になり発見された子供
早くから全寮制の学校へ出すんだな
絶対に親の言うことは聞かん
将来は大物になるかもよ


ちなみに北海道と言えば
青年よ大志を抱けと言う言葉を残した
クラーク博士を思い出します


開拓魂の強い土地である


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり

0 件のコメント: