2017年2月17日金曜日

移民不在の日

移民が一斉に労働をボイコット
トランプ政権に対する抗議行動だ
結果から言うと大した影響はない


( - ゛-) 残念でした


逆にトランプに喜ばれたかも


「クス」


だってトランプ政権の目的
不法移民を米国から排除することだ
労働の場からの排除です


労働をボイコットすること
トランプ政権に取り喜ばしいのです
ちょっと戦略が悪いね


「×(ぺけ)」


労働をボイコットする運動
徹底的に行われた運動があります
ガンジーの非暴力運動である
日本ではそう訳されてる


インドの人が働くことを拒否
着るモノもインドで作られたモノ
着るようにした運動である


インドの国旗に描かれた糸車
独立を勝ち取った活動を国旗に描く
糸車が描かれてる理由である


有名な話ですよね


着るものだけでなく
統治していたイギリスの専売の塩
塩も求め確か海に向かい行進した


労働拒否だけでなく
自分らでインドの綿を使い糸を作り
塩も自ら作りイギリス製品を使わん
徹底的に行われたのです


同時に非暴力運動だけでなく
武力闘争をした者たちもいたのです
いくつも運動の形が重なり
インドは独立した


イギリスは降参したのだ


死んだ方がマシ
そのくらい強い思いを持った時
誰にも止められない強い集団となる


せっぱ詰まった思い
米国の移民による労働拒否行動
この行動にはミエマセンね


世界的な世論喚起にもならん
世論は真逆である


移民の量をセーブしたい
これが世界的な世論のウェーブだ


運動は世論の波を無視してできん
波を予想して乗らんとね


運動の対立軸が悪い
移民反対か賛成かの対立軸なら
世界的には反対者が急増している
この流れを変えることは難しい


欧米社会はテロを身近に感じている
一時的に入国規制を設けること
米国民の半分以上が賛成
そんな調査結果もある


外国人の適正量
適正量があることを認めること
認めることで不法移民ではなく
必要な外国人労働になる


ここが重要なのです


必要な外国人労働量となった時
法的に守られる対象になる


この立ち位置こそ
本来の運動の立ち位置である
労働待遇などの改善も求められる


不法移民への取り締まり
これを差別だと言うことがおかしい
戦う前に負けてます。


差別や排外主義者とレッテル貼り
これは単なる脅していただけ
暴力による脅しである


暴力で作ってキタ偽りの平和運動
そろそろ終わりにしましょう


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: