2017年2月21日火曜日

移民が本当にいなくなった

移民のいない日に参加でクビ
デモが逆効果となってるようです
移民を使う企業の心理がミエマス


( - ゛-) ぱふ


特別な能力や技術を持つ人たち
こう言う人たちと単純労働の移民
企業の扱いが違います


IT系の企業たち
働いてる移民を守ると言うけど
単純労働者のことではないようです
自分らで雇用してませんからね


塗装工の人たちなど
肉体労働の現場では人は部品だ
安く良く働く人が使われる


休むならクビ


移民のいない日のデモ
参加の有無でクビではないようだ
会社の都合に合わない人はクビ


これが移民を使う会社の考え方
部品としてしか人をミテイマセン
米国流の契約と言う形なのでしょう


移民社会とは会社に取り便利な社会
人の暮らしなんて会社は考えない
そう言う社会を言います


外国人労働者が増える意味
この欧米流の形を行うことだ
こんな国にしたいのか?


移民賛成反対ではなく
どんな国の形を作るかが重要だ


日本は雇用の流動性を高める為
同一労働同一賃金を現在進めている
この中に外国人労働者も入ります


数が少ない状態なら機能できる
外国人労働者の数が増えた時
雇用の調整弁ですから
支えられない


仕事が減少した時
外国人労働者は福祉の重荷となり
嫌われてしまうのです


外国人労働者って調整弁なのです
もし調整弁でないなら
国民の反発が起きる


この国民の心理がとても重要である


米国で起きた現象
白人労働者の反発が票に繋がった
トランプが勝った理由である


ようするに米国民の反発が起きた


トランプのアメリカンファースト
国籍が違う外国人は便利な道具
これを明確にしたのである


米国民が求めたのだ


米国人は差別者か?
人種問題や環境問題など
日本人より敏感な人が多い
奴隷制度のあった国だからね


外国人の量が多過ぎるのだ
米国民の暮らしに影響が出ている
だから反発が起きたのだ


ようするに量である


おかしなリベラルたち
どんどん外国人を増やすこと
進めた結果がトランプを生み出す


トランプは米国リベラルが作った
マドンナたちが作ったのだ
そう言う見方もできる


「だろ?」


国のかたちを考え
バランス良く外国人労働も使う
国民の心理を読みながら
量をコントロールする


とても重要なのです


労働者を安く使いタイ
欲深い企業に流されたり
勘違いしたリベラルの多文化共生
メディアの大合唱に流されてキタ
その結果が世界の混乱を作った


世界は未熟である
このことを知っておくことが重要
未熟な者立ちが知識人ぶり
世界を作ってるのだ


戦争も起きるわけである


これからの世界は外国人労働者
規制を強化する方向に動く
反発から起きる現象だ


日本も同じ道を間違いなく歩む
その現れのひとつが中国人のデモ
アパホテルへのデモかな


これ自体は大したこと無いけど
外国人が民族で集まり行動をする
この形を外国人に認識させた


これからはすぐに集まり
外国人の抗議行動が増えるだろう
この流れが暴動にも繋がる
不満が溜まればね


逆に日本人も不満が溜まり
衝突が起きることもあるだろう


まさに・・
欧米社会で起きたこと
日本でも起きること
予想できるのだ


アホですね
日本のかたちをきちんと決め
国民の心理をミツメ外国人の量
きちんとセーブすればイイのに・・


わかっていても
いろんな理由がありできない
企業の欲深さや差別だと言うバカ
リベラルの浅はかさが邪魔をする


なるようになるしかないのですかね


ミ((((( ̄○ ̄) ケセラセラ〜


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: