2017年2月26日日曜日

マレーシアのポーズ

マレーシアとはどんな国なのか?
第2次世界大戦中のスイスがお手本
ようするに中立国を目指した


( - ゛-) 真ん中の国だ


国の考えの骨格にこの考え方
あるようですね


第2次世界大戦中のスイス
どんな国だったのでしょうか?
まず頭に浮かぶのが戦争への不参加
中立国を通し参加しなかった


ドイツフランスイタリアに囲まれ
交渉の場として表向きは利用される
裏では工作活動が行われてた場所


映画にもあるでしょ
戦争映画でミタことありますか?
タイトルは思い出せませんけど


でもスイスとなんか似てるでしょ


マレーシアはテロリストも暗躍し
日本の赤軍派も米異国大使館など
占拠した場所である


最近なら旅客機が行方不明になる
テロリストの犯行だったのか?
そして金正男も暗殺される


第2次世界大戦の時のスイス
知りたいなら現在のマレーシア
見つめるとミエルでしょう


そんなマレーシア
北朝鮮との関係を見直すとのこと
空港で堂々と暗殺を行う行為
国民が許せないようだ


当然だろう


北朝鮮との関係
どのような関係に変更するか
見物である


中立国の位置は捨てん範囲だろう


マレーシアを通した北朝鮮との商い
経済制裁の中でも行われていた
したたかに儲けていた国だ


世界的に注目され
国民からも非難が出てるから
関係の見直しはポーズでしょうけど


だってマレーシアの国家戦略
第2次世界大戦中のスイスですから
ずる賢く立ちまわること
最初から前提である


関係の見直しはポーズですね


ミ((((( ̄○ ̄) でしょ


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: