2017年4月16日日曜日

地方の協力の無い地方創生

ふ〜疲れた
ママチャリで132km走ると疲れます
風呂に入りようやく落ち着いた


( - ゛-) ぐったり


ニュースを見ていると首を傾げる
山本地方創生相は何してるのか?
人の使い方を知らない人である


学芸員はガン?


「・・・」


学芸員は専門職ですから
文化遺産を守ることを中心に考える
あたりまえのことである


歴史遺産に対する予算
どの国も地方も予算は少ない
沢山の人が来ると予算が増えます


ここが重要なのです
地域の歴史をどのように生かすか
観光客が沢山くれば予算も増える
学芸員の予算も増えるのです


学芸員は企画書はヘタだけど
具体的な郷土資料の使い方は上手
協力して貰うかたちを作ること
とても重要なのです


協力して貰える関係を作ること
これが地方創生の始まりである
こんなところで躓くなんて
成功体験がないんだろう


出直してコイ!


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: