2017年5月6日土曜日

任意同行と言う強制捜査

今治殺人事件
任意で事情徴収していた女性が自殺
これは警察に問題があります


( - ゛-) ぱふ


そうハッキリ言えないメディア
メディアの役割を行っていません


警察の記者クラブは解体すべきだ
警察のメディアはいいなりです
国際的にも批判が多い


日本の記者クラブは異常だとね


本来なら民間の弁護士も参加させ
調査チームを作り何が行われたか
調べるべきである


これがまともな文化国の行動だ
そう言う論調がほぼ皆無な日本
独裁国家とまったく同じだ


権力の監視なんてまったくない
日本は中国並の国である


「きっぱり」


今治殺人事件と任意同行による自殺
これはまったく別の事件である
殺人事件は事件として
捜査すればイイ


仮にこの女性が犯人でも
任意同行の問題は別なのです
推定無罪の原則があるからね


"何人も有罪と判定されるまでは
無罪と推定される"


この原則を無視した論調
おかしいのである


任意同行が妥当だったか
この件はこの件として調査すべき
問題があれば処分しろ!


警察の体制そのものの批判
間違いなく起こるだろう
問題がミエテイル


午後1時半から22時半頃まで
今治警察署で事情徴収されてた
これが任意同行なのか?


一般常識では強制行為と言う
任意なら17:00までだろう
夜間も事情徴収を行う行為
問題があると言える


問題はまだある
任意と言って鑑識まで行う
指紋採集などを行ったのである
長時間行ったことを考えた時
DNAの強制採集も行った
可能性もあります


なぜ弁護士を同席させない?
おかしいでしょ


日本は逮捕された時
初めて当番弁護士が呼べます
任意同行を警察は悪用してます


弁護士のいない間に自白させる


冤罪事件の多く
任意同行の時の自白
この自白をくつがえせず長期拘留
刑務所に長い間入る人も多い


警察の任意同行に問題がある
また任意同行に対しての弁護士利用
日本は考えなければいけません
事実冤罪が多発してるのです


今治事件での任意同行
何が行われたのか調査すべきだ
100%問題があったはずである


取り調べ時間や鑑識も行う
このことだけでも問題だと思うね
任意同行と言う名の強制である


政権交代のない国は恐ろしい
警察がやりたい放題行う


日本中の警察で領収書を使い
不正の金を作っていた事実
誰も処分されてない


埼玉県では警察官が強盗殺人
警察の捜査情報で金を持ってること
知って強盗殺人を犯す


職務質問と言い
携帯電話のカメラでパシャ
パンツ撮ってる警察官もいる


これが日本の警察官である


日本に足りないのは権力の監視だ
日本は情報公開もまともにできん
一部の者達の都合で動く国だ


いい加減国民は現実をミロヨ


政権交代しない国は腐る
政権交代ができる人を選び
まともな国創りをしましょう


ミ((((( ̄○ ̄) だろ?


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: