2017年8月27日日曜日

地方の一等地は住宅街?

買い物は近所で済ます
首都圏の地方都市の百貨店
閉店のニュースが気になります


( - ゛-) ぱふ


原因は販売不振でしょうけど
消費がものすごく落ちてはいない
客が少し離れた百貨店まで行かない
行く理由がないからだろう


地域のモールとか
買い物する場所がいくらでもある
近くで済ませられるのです


安さを求めるなら
ネットで安い商品を探し
購入することも増えています


購買の形が変わってるのです


従来からあるビジネススタイル
どう変えていくかが必要な時期だ
ただ購買できる量は限られてる
供給を増やしても利益率
昔のようにはイカン


それがわかるから
大手がニッチな事業を行う
収益の減少を幅広いビジネスから
得ていこうと言う行動だろう


最近よく聞くのがレンタル自転車
携帯電話会社も参入している


スーパーも変化がある
最近は休憩場も儲けている
忘れてる人もいるだろうけど
2000年くらいまでのスーパー
トイレも無かったのです


百貨店はあったけどね


確かハートビル法だったかな?
建設面積が大きい建物に対して
車いすトイレ等の設置などが求め
義務化されたのです


確かここからだと思う
トイレがあるのが当たり前化し
古いスーパーも設置しだす
お客の声だろう


普通の人が百貨店に行く理由
これだけモールとかスーパー
あちこちにできると無い


特に地方の百貨店の役割
無くなっている


駅前や駅近くの従来の一等地
この場所を活かすビジネスモデル
作らないと勝負できないだろう


目的は商品の購入の場
あくまでも百貨店として考えた時
駅前を有り難がる人は誰?


ぱっと頭に浮かぶのがお年寄り
病院へ行くのに電車に乗り
来ますからね


交通の利便性が高ければ
沢山のお年寄りが利用するでしょう
ようするに駅前のイイ場所
病院と百貨店のコラボ
街を作ればイイ


単純に考えればね


実際に見てると・・
郊外のモールを利用する人たち
車を持ってる働き盛りの世代の人達
彼らがお客さんになっている


お年寄りの場づくり
この需要をどう料理するかだろう
全く考えてない地域の駅前
パチンコ屋だらけである


政治家が無能かどうか
駅前の状態をミレバわかりますね
その地域の顔のひとつは駅前だ


外国から観光客を呼ぼうとする国
駅前がパチンコ屋だらけでイイの?
素朴な疑問を感じる人は多いだろう


大学を誘致しタイ
地方都市のこの思いはわかる
文化都市を作ろうとする思いだろう


加計問題は大学誘致の否定ではない
これはエコヒイキや不正の有無
疑われてるのである


徹底的に追及すればイイ


郊外にモールができ消費が動くなら
駅前には従来は端っこにあった施設
持ってくればイイのだ


そう思いませんか?


ミ((((( ̄○ ̄) 蚊?


*お知らせ
社会問題は「ひとりごと」
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

その他の文章や写真
otona-ensoku.jp
分けて発信しています


iPodから送信

0 件のコメント: